ステロイド軟膏の種類と強さの違い


外用のステロイド剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより下記の5段階に分けられます。

Strongest(最も強力)

Very Strong(かなり強力)

Strong(強力)

Medium(中程度)

Weak(弱い)


ここで言う薬の強さとは、体内に吸収されやすいか、吸収されにくいかの違いであり、

含まれるステロイドの成分量とは直接関係ありません。


実際に、「最も強力」の部類に入るステロイド剤よりも、

「弱い」部類に入るステロイド剤の方が、

副腎皮質ホルモンの成分が多く入っている場合が多いのです。(下記の表のとおりです)



市販のステロイド外用剤の強さと成分の量

強さ 商品名 ステロイド成分の量 一般的な使い方
最も強力 デルモベート軟膏
ジフラール軟膏

ダイアコート軟膏


0.05%
0.05%
0.05%


最も体に吸収されやすい成分を使用。
含まれる成分量は少ないが、作用が強いため
原則として子供には処方されない。
連続使用の場合、大人で1週間以内を目安に。
かなり強力 リンデロンDP軟膏
マイザー軟膏
ネリゾナ軟膏
フルメタ軟膏
トプシム軟膏
ブデソン軟膏
テクスメテン軟膏
0.064%
0.05%

 0.1%
 0.1%
 0.05%
 0.05%
 0.1%
大人では体幹部、子供では腕や足など四肢に
処方されることが多い。
大人の場合、連続使用は1週間以内、子供の
場合は数回にとどめるよう注意を。
強力 ベトネベート軟膏
リンデロンVG軟膏
フルコート軟膏
リドメックスコーワ軟膏
プロパデルム軟膏

ボアラ軟膏
0.12%
0.12%
0.025%
 0.3%

0.025%
0.12%
大人への処方は全身〜体幹部限定、
子供の場合は顔や陰部を除く体幹部。
連続使用は大人で2週間以内、
子供で1週間以内に。
中程度 ロコイド軟膏
キンダベート軟膏
ケナコルトA軟膏
レダコート軟膏
アルメタ軟膏
 0.1%
0.05%
 0.1%
 0.1%
 0.1%
大人・子供ともに、顔を含めた全身に処方される。
連続使用は、大人は2週間以内に、
子供は1〜2週間以内に。
弱い オイラックスH
テラ・コートリル軟膏
プレドニゾロン軟膏
コルテス軟膏
ベータメサ軟膏
0.25%
 1%
0.5%

0.1%
0.1%
ステロイド成分は体に吸収されにくいものの、
含まれる量は多いので、安心できない。
薬を最も吸収しやすいお尻や陰部にも処方される。
連続使用は、大人も子供も2週間以内に。



外用剤に含まれるステロイドの成分は全体から見ると0.1%や0.05%などわずかな割合に思えます。

ではそれ以外の成分は何なのか?

ほとんどは白色ワセリンなどの油性の基剤です。

これは、油を加えることで皮膚に塗りやすくする目的があります。

しかし、それだけでなく、ステロイド成分は油に溶ける油溶性ホルモンなので、

油を加えることによって体に吸収されやすくなるのです。

「ステロイドはワセリンで薄めて使えば大丈夫」という話も聞きますが、それは間違いです。


                    参考文献

                      ・「アトピー性皮膚炎の治し方がわかる本」 かんき出版
                        医学博士 青木利弘監修・全国アトピー友の会会長 小川秀夫著

                      ・全国アトピー友の会発行「アトピーを治したい」Vol、2(1999年) 日本ヴォーグ社

                      ・治療薬マニュアル2003 医学書院



ステロイド剤トップへ次のページへ